ホーム » 日記 » デザリングとモバイル回線の違いって?

デザリングとモバイル回線の違いって?

回線がなくても快適にネットができる手段は?



転勤が決まって会社の寮に入るのですが、寮にはインターネットの回線がないことが発覚!
電話回線もないし光回線も導入できないので、ADSLもフレッツ光も使えません・・・

会社の寮に入っている先輩にはスマートフォンがあれば問題ないと言われました。
なんとか、自宅でも、ゆっくり快適に音楽DVDを鑑賞できる方法はないものでしょうか?(*´д`)??

先輩に聞くと、寮に住んでいる人は、モバイル通信という方法でインターネットをしている人も多いそうです。
この方法だと、固定の回線を使わないので、電話回線や光回線を導入せずにインターネットができるみたい。
固定の回線を使わなくても、パソコンでインターネットをする方法は、いくつかあるそうです。

スマホのデザリングにはこんな問題が?



固定回線を使わずに、自宅のパソコンでインターネットをする手段を調べてみました。
その1つに、スマートフォンの「デザリング」機能を使うという方法があります。

LTEの高速通信に対応したスマートフォンを介して、インターネットをする方法です。
iPhoneの場合、所定の設定をした後、使いたいパソコンのそばにおいて置けば使用することが可能です。

ただ、こんな問題もあります。

●通信制限がある

高速通信を無料で使うことができるサービスなのですが、通信制限があるんです。
1か月間のパケット通信料は7GBまで。
それを超えてしまうと、制限がかかって、一気に128kbpsまで落ちてしまいます。

ちなみに、7GBのデータ通信量は、YouTubeのHD画質で1時間程度くらい。
ネットサーフィンをするくらいなら問題ありませんが、動画を頻繁に見る人にとっては物足りないですよね。

●電池の消耗
デザリングをすると、スマホの電池が一気に消耗してしまうそうです・・・
自宅で使うには、電源があるので問題ありません。
ですが、出先でも使う場合は、いつ電池がなくなるんだろう?とヒヤヒヤしてしまいますよね。(;´・д・)

モバイル回線のメリットとは?



もう1つ、固定回線がなくても、高速インターネットが楽しめる方法があります。
それが、寮に入っている先輩から教えてもらった「モバイルデータ通信」という方法。

モバイルデータ通信とは、WiFi(無線LAN)を使ってインターネットに接続する方法です。
駅や喫茶店などで、無線LANでインターネットを使えるサービスを提供しているところがありますよね?
それがいつでもどこでも使えるのが、モバイルデータ通信です。

必要な機器は、専用のル―タ―のみ。
フレッツ光などの固定回線を引く場合は、工事やプロバイダの契約など、時間のかかる手続きが必要です。
ですが、モバイル回線だとルーターを繋ぐだけで、すぐにインターネットを始められるんです!(〃^∇^)o_彡

Return to page top